学生生活

同志社で学歴コンプレックス?実際に学歴コンプだった僕の末路...

  • この記事を書いた人

よんぱち

1999年生まれの理系大学生。愛知県の田舎で18年間過ごす。地元から出て一人暮らしがしてみたいと思い、勉強を頑張るが第一志望に行けずに同志社大学に進学する。マクドナルドのバイトを二週間で辞めた。その後、塾講師のバイトを1年間経験した後、もっと稼げるようにブログやプログラミングを始める。大学生向けに役立つ情報を発信しています。

よんぱち
こんにちは!よんぱちです!今回は僕の学歴コンプレックスの話をしていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

よんぱちって誰?

僕は現在、同志社大学(理系)に在籍しています。

特にこれといった実績はないですが、日々何かに熱中して充実した学生生活を送っています。

 

よんぱち
それでは、僕の学歴コンプレックスに陥った過去を話していきます。

 

よんぱちの過去

 

よんぱちの受験失敗談

簡単に僕の大学合格までの経験を話したいと思います。僕は超絶田舎で生まれました。小学生のときから塾に入っていたけど、勉強についてはあんまりやる気がなかったです。

しかし、兄が進学校に入学していたことを聞いて、中学の時に本格的に勉強を開始。

そして兄が通っていた高校である地元で一番の進学校を受験するも、見事不合格。

 

大学受験では転けないようにと、高校生の時は理系単科大学の最高峰、東京工業大学を目指しました。

しかし、現実は甘くないですね。9科目センター55%という驚異の成績を残し、東工大で足切りとなりました。

 

よんぱち
僕の受験はいつも失敗してきたな...(笑)まぁ、無謀な挑戦を続けてきたってことやな。

 

本当に絶望しかなかったよね。

 

正直、地方のめっちゃ田舎の国公立は入学する気はなかったので、一か八かで、ボーダーマイナス15%で名工大を受けることになります。ちなみに、よんぱちは国語が苦手な超特化型の理系なので、二次逆転を狙っての工業大学を受験した。

 

(国語が苦手な理系大学生なら、工業大学がおすすめ。名工大、九工大、京都繊維工芸大学なんかは国語の割合が低いからおすすめですよ。)

 

二次逆転を狙って工業大学を受験したものの、ボーダー15%差が大きく、案の定、僕は国公立全落ち。同志社大学しか受かりませんでした。

 

よんぱち
浪人するつもりで入試練習として私立は同志社だけ受けただけなんだよねぇ。

今思ったら、MARCHや理科大もうけとけばよかったなぁ...(笑)

 

さすがに東工大を目指してて同志社だとコンプレックスを感じるんだよね。

 

そこで僕は親に浪人したいと頭を下げました。

 

しかし、「僕は浪人しても成績が上がらない」と、親に言われて浪人を諦めました。

 

よんぱち
自分で納得しちゃったんだよねぇ...(笑)

 

ですが、僕は東工大や旧帝大に行きたい思っているので、学歴コンプレックスに浸ります。

(僕の実力じゃ無理!って今なら結構思いますけど...当時は感じていなかった。)

周りの友達は浪人して国公立を目指しているので、それを見てとても劣等感を感じました。みんな旧帝大とか行って自分は私立理系...。親にも学費をたくさん払ってもらっているし、周りは自分よりも学歴がよくて...。まぁ、泣く泣く同志社に入学しました。。

 

さらに加速する学歴コンプ

大学一年の6月にパーティーがありました。新入生しか来れないパーティーで陰キャながらも参加しました。さすがに関西で一番の私立だから...と思っていたものの、関関同立が圧倒的に多くて、自分って輝いてないと思いました。

 

しかも、席は最悪...

 

右隣が現役京大医学部生。左が現役京大工学部生。もうこの場から逃げたい気持ちでいっぱいでした。肝心の女の子は京大という肩書きに食いつく食いつく。

 

あぁ、さすが京大...羨ましい...

 

よんぱち
(もちろん、今となっては、女の子の評価は大学名がすべてじゃないって今はわかってますけどね(笑))

 

ここでさらに僕の学歴コンプレックスという悪魔を成長させました。

 

浪人生と比べる日々

僕の友達はほとんど浪人していたので浪人生と二日に一回ぐらい話していました。自分には同志社という限界があるものの、友達は旧帝大に行けるかもしれない希望を持っているように思えました。

 

パーティーでもサークルでもバイトでもうまくいかなかった僕は今の状況にとても悲観的になっていました。

 

それに比べ、友達は夢に向かって挑戦中...。とても輝いているように思えました。

 

それに比べ自分は...何やってんだろ...俺。。。河合塾や駿台の偏差値ランキングを見て自分で評価をしている毎日。

 

本当に自分は同志社でいいのだろうか...。学歴コンプとありながら、何かするわけでもない。また、その何もしてない自分も嫌でどうしようもなかった。

 

 

仮面浪人を一週間で挫折!?

そんな時、仮面浪人という言葉を耳にしました。

 

僕の友達で、ある大学をやめて、北大に行きたいという猛者が現れました。当時は仮面浪人についてよく知らなかったですが、調べまくった結果、めためた興味がありました。

 

僕はここで一発逆転してやろうと仮面浪人を目指しました。

 

一度燃やして灰となった青チャートを買い直してひたすら興奮してました。これから始まる。もう一度俺のチャレンジが始まると。大学の授業中、休み時間、家に帰った後も勉強をしました。

 

しかし、それも3日で挫折。

 

今まで遊んできた僕にとってずっと勉強する事は無理でした。受験が終わってから友達と遊んでいる時点で浪人も仮面浪人も無理ですね。そもそもの忍耐力が僕にはありませんでした。

 

というか、何より、めっちゃ簡単な積分が解けなくてやる気なくした!!!

 

こんな積分。

 

受験から半年経った時にちょうど大学で高校生レベルの積分の問題があったのですが、解けなかったのです。

半年間も勉強しなければ忘れますからね。

 

これがトリガーとなり、僕は仮面浪人を諦めます。

 

よんぱち
入学して間もない大学生には共感し難いと思いますが、本当にすぐに忘れます。人間は忘れるのが早い生き物です。塾講師をバイトでする人は気を付けてくださいね(笑)

 

メディア×アート!落合教授に惹かれる

仮面浪人を諦めた僕は結構遊んでました。

勉強してた分、遊びたくなり、YouTubeでネットサーフィンをしていました。流れてきたYouTubeで落合陽一教授のデジタルとアートのと動画に興味を持ちました。

 

 

さらに、大学で少し触れたプログラミングにも魅力を感じていました。僕はもともとやりたい事がなく、てきとーに自分の学力に合った大学、学部に進学しました。

 

ここで、今まで興味を示さなかった情報、メディアというものにとても魅力を感じました。自分の学んでいる今の学科よりも情報系を学んでみたいと強く思い、編入を目指す事にしました。

 

 

筑波大学への編入を目指す

 

どうしても自分のコンプレックスとメディアについて学んでみたいという思いで筑波大学への編入を目指しました。

 

センター試験(特に文系科目)が苦手な僕にとって、大学入試を受けることは考えていませんでした。(国語が絶望すぎて無理だと思った。)

 

まずは情報収集をして編入について知りました。

 

高専から筑波に行った人のTwitterを見たり、DMをおくったりしてとにかく情報を集めた。授業中もずっと編入のことについて考えた。

 

暇な時間があったら編入について知る。そんな日々を送っていました。

 

しかし、編入のTOEICが無理でやる気をなくしました。結局、自分はTOEICが取れそうになく、諦めてしまいました。

 

よんぱち
マジで、俺ってダメ人間だなぁ...

 

同志社の情シスを目指す

それから僕は自分の学科が嫌になります。情報系を学びたいのに、情報系とはあまり関係ない学科だったのですぐに辞めたいと思いました。

 

自分の学びたいと思っている情報系と、今やってることが違うので自分の中でしこりがありました。

 

すると、いろんな繋がりがあって情報システム学科(情シス)の友達と仲良くなりました。そこで、情シスってめっちゃ興味深い!!と思えるようになりました。

 

情シスに入りたいな...。んん!??

 

同志社にも編入あるやーん!!情シス編入しよう!!!!!

 

いつの間にか僕は情シスを受験しようとなりました。それから、先述のように、高専から情シスに編入した人と話をして、情報をもらって...

 

なんと、同志社の編入ではTOEICではなく、受験英語でしたので今回は行けそう...

 

しかし!一般教養を10単位落とした僕は4年で卒業できない!ということを知りました。入学しても留年確定になる(笑)

 

よんぱち
やっぱ俺ってアホやな(笑)

 

結構やる気はあったのですが、さすがに留年までして入るのはきつい。と、いうことで、僕は同志社の編入も諦めることになります。(笑)

 

よんぱちって結局...

 

はい、その通り。僕はプライドが高いだけの無能です(笑)

 

実力はないのに高望みばかりして無謀な挑戦をするただの無能です。

忍耐力も継続力もない人間です。こんな人間が高学歴を手に入れようなんて無理です。

 

しかし、僕のように考えている人も現にたくさんいるでしょう。

今まで50万人というものすごい人と競争することが初めてなんですから、いい人生=偏差値が高い大学に通うこととなりがちです。それが、学歴コンプレックスというものを引き起こします。

 

偏差値というパラメータでしか測れなくなってしまいます。(wakatteTVのような人間が製造されるわけです。)

 

と、いう事で、どうしたら学歴コンプレックスというものを解消できるのかを次で話していきます。

 

学歴コンプレックスを解消するには?

では、学歴コンプレックスを解消するためにはどうすればよいでしょうか。

 

そもそも論

そもそも根本からおかしいというか、大学は学ぶ場所であって、偏差値を競うような場所ではないので、偏差値でランキング分けされているのがおかしいのです。

なので、大学で負けたと思うこと自体がおかしいです。

これを言ってもほとんど納得しないですけど(笑)

 

一つのパラメータにしか過ぎない

学歴なんて一つのパラメータにしか過ぎません。

背が高いとか低いとか、どこに住んでるのか、男なのか女なのか。それぐらいのもんです。

多分18歳ぐらいだと学歴というものに魅力的に感じすぎてわからないと思いますが、本当にそんだけです。

 

すみません、言い過ぎました。そんだけじゃないかもしれませんね。

学歴が、背が高いか低いかぐらいの感覚ならば、50万人も必死になって勉強しないですもんね。失言でしたね。

 

世の中には学歴フィルターというのが存在して、学歴だけでそもそも面接を受けさせてくれるかくれないかを判断するものに使われます。

また、学歴によってモテるのかも変わってきます。マクロミルによる調査結果では、国立・早慶クラスの女性の6割は結婚相手に同等の学歴を求めることがわかっています。

 

まぁ、学歴で変わるのはこのぐらいです。

これが人生において大きいのか小さいのかは人それぞれですが、あくまでも一つのパラメータにしか過ぎません。

低学歴でもお金をたくさん稼げる人はいますし、高学歴でもニートになっている人もいます。

学歴が全てではないという事を忘れないでくださいね。

 

コンプレックスを解消しようと思わない

そもそも論を言っても仕方ないので、一般的な考えを持つことにします。(大学一年生の時の僕のような考え)

偏差値の高い大学に落ちて、みんな有名で頭がいいと思われるような大学に通っていてコンプレックスだ!という事にしておきましょう。

コンプレックスですよね。それは十分にわかります。人と比べて自分は偏差値というパラメータにおいては劣っているのですから。仕方ない。

これを解消しようと思わない。認めることが大切です。

 

頭の良さは半分は遺伝ですし、小さいころから受験勉強してきた人には勝てないです。

小学生の時に鼻くそほじって食べてたやつが、中学お受験してきた人に勉強において勝つことなんて無理です。

しょうがないと認めましょう。

 

こんなことは世の中にはたくさんあります。自分の描いた人生プランが成功することなんてほとんどないんですから。

挑戦することは大切。諦めることも大切。

 

高学歴を目指すために再度受験

どうしても今のこれから通う大学が嫌だと思っている方はこの選択肢をするでしょう。

しかし、この選択肢をしてもいい結果を得られる人はひと握りです。

ほとんどの人はやめた方がいいです。

     

大学生なのに損してない?

   

大学生なのにAmazon Prime Studentに入会していないのは損!

 

大学生限定で、AmazonPrimeの半額でPrimeより充実したサービスが受けられるんです。

 

Amazonで頼んだ商品が送料無料で次の日届く!

 

大学生なら月250円で映画や本が見放題!音楽が聴きたい放題!他にもサービスが充実!

 

さらに、今なら6カ月間無料で使いたい放題!

   

>>Prime Studentを見る

-学生生活

© 2021 よんぱちネット